医者

精神科と心療内科で精神的な安定を得る【悪化させないための治療法】

実は一般病院と大差はない

素の状態で訪問しましょう

女性

精神科に初めて行くとなった場合、戸惑いを覚えるのではないかと思います。マイナスのイメージをお持ちの方も多いと思いますので、注意点を述べます。精神科医は、一人一人の患者にカウンセリングを行い、1人に30分〜1時間かけるのが普通です。予約でいっぱいという可能性も高くなります。せっかく勇気をふりしぼって行こうと決めたのに、門前払いされたのであれば、そこで精神的苦痛を感じてしまうかもしれません。したがって、予約は必ずしてから訪問しましょう。また紹介状があれば、症状に関してはじめに見てくれた医師が引き継ぎを行ってくれますので、問診がスムーズにいきます。ない場合は、問診にだいぶ時間がかかりますことお心がけください。概ね症状に関する質問ですが、かなり根掘り葉掘り聞かれます。病気のきっかけ、変化、病気への向き合い方、家族や会社の協力、治療をどう行いたいかなどが主な質問内容となるでしょう。言いたいことを言えばいいのです。言いたくないことは言う必要はありませんし、いい患者になる必要もありません。今の状態を素で見せれば大丈夫です。

医師との相性が何より

うつ病などで、精神科にかかった場合、「医師との相性」が今後の治療を大きく左右します。早く治したいのであれば、いい精神科医に会うことが何よりです。では、いい精神科医とはどういう先生なのか見ていきましょう。一般的な良い医師というと、的確な診断力と手術などの優れた治療力の持ち主ということになるでしょう。しかし精神科医は、出来る先生がいいとは言えない面があるのです。まず、患者の話にきちんと耳を貸すことができるかが、最大のポイントです。裏を返せば、話を聞くこともできない精神科医は、論外なのです。一方的に喋りかけてきたり、専門用語をずらずらと並べ、話を聞いてくれないのでしたら、治療の観点からすると病院や先生を変えた方が良いです。また、説明もあまりなく複数の薬を処方する医師についても注意が必要です。相性に加えて、「通いやすさ」も伴えば、理想的です。治ったと思っても再発する場合もありますし、精神状態は常にデリケートですので、自宅から近いほうが良いことは認めざるを得ません。訪問する前に、可能な範囲で情報収集しておきましょう。近所の人の話を聞きましょう。厳しい場合は、インターネットのクチコミサイトの情報も効果的です。